クリスマスをテーマに制作活動を行う画家 大西翔のオフィシャルウェブサイト

大西 翔

News

皆様こんにちは。

徐々に秋の深まる季節となって参りましたがいかがお過ごしでしょうか。

最近の函館は街路樹のナナカマドが赤い実をつけ、秋の穏やかな陽光を感じる日が続いています。

 

先日美瑛方面へ2泊3日で旅行に行って参りました。

美瑛は北海道のほぼ中央に位置し、函館の次に絵のモチーフとして描く事が多い場所でもあります。

もちろん今までにも何度か足を運んだ事はありますが、秋に訪れたのは今回が初めてでした。

紅葉にはまだ若干早かったものの、収穫を終えて茶色く染まった畑と木々の深い緑の

コントラストは絶妙でしたね。 夏の爽やかな風景とはまた一味違い、哀愁漂う美しい丘の

風景が印象的な旅となりました。

 

さて、毎年この時期は芸純の秋にちなんで絵の作製方法や愛用の画材等々をご紹介しておりますが

今回は趣向を変えまして音楽の話を少々・・・。 絵とは特に関係ありませんし、かなり個人的な話となりますが

興味のある方はお付き合い下さいませ。

 

こぐま座で絵を描いていると、お客様からたまに絵を描いている時はどんな事を考えているの?と

尋ねられる事があります。 実際は考えているというよりも音楽を聴いています。

とはいいましても、オーディオやポータブルプレーヤーで実際に聴いているというわけではありません。

頭の中で常に音楽がリピートしているといった感じです。

それもだいたい描いている絵にちなんだ音楽が多いですね。

例えばクリスマスの絵でしたら定番のクリスマスソングですし、春の絵でしたら

桜にちなんだ日本の名曲、夜明けや早朝の絵でしたらクラッシックのペールギュント「朝」といった感じです。

もちろんお客様との接客の時間もありますし、四六時中という訳ではありませんが

絵を描きながら頭の中で音楽を聴くという習慣は昔からありますね。

ちなみに帰宅後や休日に実際に音楽を聴く場合はヒーリング系の曲が主です。

お気に入りはアイルランドの女性グループ ケルティックウーマン、イギリスの少年合唱団リベラ

ノルウェー出身のシセルあたりですね。 日本ではマイナーなのでご存知ない方も多いかもしれませんが・・・。

個人的な考えとなりますが、良い作品を生み出すには良い音楽が必須だと考えています。

皆様もお勧めの曲がありましたら、ぜひお知らせ下さいませ♪

 

さてさて秋といえば芸術の他にも、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋等様々ですよね。

皆様も素敵な秋の思い出をたくさん作って下さいね!

 

           お知らせ

 

2019年度こぐま座オリジナルカレンダー好評発売中です。

価格は壁掛けタイプが¥2400 卓上タイプが¥1800です。

ご購入希望の方は問合せフォームよりご連絡下さいませ。

カレンダーのみのご注文の場合は送料全国一律¥500にて発送を承ります。

(郵送方法は普通郵便となります。 ご了承下さいませ。)

 

 

 

       作品の販売について

 

作品のご購入をお考えの方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

詳細を後ほどメールにて返信させて頂きます。

お値段のついていない作品は原則売却済みとなっております。

お時間を頂ければ新たに作製も可能ですのでお気軽にご相談下さいませ。

お支払いは振込みにてお願い致します。 作品は原則お振込み確認後の発送となります。(送料無料)

作品は全て額装済みです。 その他ご質問、ご要望等ございましたらお気軽にご連絡下さい。 

 

*お客様のHPをご覧になられる環境により問い合わせフォームが起動しない場合がございます。

その場合は大変恐れ入りますが、お使いのメールソフトからxhkpp771@ybb.ne.jp宛にメールをお送り頂くか

0138-57-8787までお電話頂きますよう宜しくお願い申し上げます。